学校長挨拶



 当校は昭和28年気仙沼市医師会附属准看護婦養成所として開校以来2000名を越える卒業者(准看護師)を医療の現場に送り出しております。
卒業生は地元の医療機関、そして県内、県外でも多くの場で働いております。
また気仙沼市医師会は高等看護学校も併設しており、准看護師の資格を得た後進学することが可能であり、昭和49年高等看護学校開設以来、現在まで当准看護学校から進学した714名が正看護師の国家資格を得て活躍いたしております。(平成28年4月現在)
 
 現在は看護師を目指す高校生に対して、高等学校からの推薦入学制度を設け、また准看護学校での学業優秀者の高等看護学校への推薦もおこなっております。
 男子への門戸も開校当初から積極的に行っており、また最近では社会人経験者の入学希望者も積極的に受け入れております。
 ここ、三陸、気仙沼で看護師を目指している方、また働かれている方で、看護師を目指したいと改めて志した方、当校が皆さんの夢をサポートします。
思い立った時が、スタートです。それは何歳になってからでも!




   気仙沼市医師会附属准看護学校

 

   学校長 志 田   章